酵素ダイエットでリバウンド知らず!

酵素の役割ってなに?

酵素には、食べ物を消化したり、代謝を高めたり、血液の流れをよくしたりなど、体の様々な働きをサポートする働きがあるのです。そして人間の体には潜在酵素といって、消化酵素と代謝酵素と呼ばれるものが備わっています。
しかし、この潜在酵素には数に限りがあります。そして、使われる順番も決まっているのです。まず最初に消化酵素が使われます。この消化酵素は食べ物を消化するために使われる酵素です。したがってたくさん食べ物を食べたり、消化に時間がかかる物を食べると、それだけ消化酵素が多く消費されてしまいます。消化酵素で使われなかった残りの酵素が、代謝酵素に回されます。代謝酵素とは、基礎代謝を高めたり、デトックスを促すなどの働きがあります。代謝酵素に使える酵素の数が少ないと、代謝が低くなって太りやすくなります。

酵素を摂取することで、太りにくい体になる!

リバウンドをしないためには、いかに体内にある酵素を代謝酵素に回せるかがポイントになってきます。消化酵素の使用量を減らすことが出来れば、その分代謝酵素に回せる酵素の量が増やせるということなのです。消化酵素の使う量を減らすためには、食べ物から酵素を摂取することが望ましいです。なぜなら野菜や果物には、食物酵素というものが含まれています。食物酵素を摂取することで、消化酵素の使用量をセーブすることが出来るのです。注意したいのが、酵素は熱に弱いということです。そのため、野菜や果物は生で摂取するようにしましょう。
毎日野菜や果物を食べるのは大変な人もいるかもしれません。そのようなときは、酵素サプリメントや酵素ドリンクを活用するといいでしょう。